芸能オーディション情報総合サイト■オーディション情報を毎日収集

無料掲載

オーディション情報交換所は、インターネット上で募集されているオーディションの情報と、その評判を収集しています。気になったオーディションは、主催者のサイトから個別に応募できます。

舞台・劇団

舞台・劇団オーディション

劇団レクラム舎公演(2024年10月)W Sオーディション開催

劇団レクラム舎が舞台・劇団を募集するオーディションを開催しています。締め切り日は6月20日、SNS等での注目指数は5です。応募資格は『19歳から35歳、性別国籍問わず。稽古、本番に参加できること。

劇団レクラム舎公演(2024年10月)W Sオーディション開催
主催者
劇団レクラム舎
注目度
締め切り日
2024年6月20日(あと4日)
オーディションHPイメージ

※このオーディションHPをスマホでアクセスした際のイメージです。最新の情報とは異なる場合があります。著作権はオーディション開催者に帰属します。

詳細
レクラム舎では2024年10月15日〜21日に下北沢シアター711で上演する公演、『笑劇・牧野富太郎伝』(作/演出 鈴木一功)の出演者(主要キャスト含)を広く募集し、ワークショップオーデションを4日間に渡って開催致します。

劇団レクラム舎公演
『笑劇・牧野富太郎伝』 作/演出 鈴木一功
 *戯曲は、総合演劇雑誌「テアトロ」2024年2月号に全文掲載

植物学者、牧野富太郎の生涯を幻想的に描く意欲作。
「人間の未来のためです。草花を知るということは、人間を知るということです」

日程 2024年10月15日~21日 
劇場 下北沢シアター711

【募集対象】
5名程度、19歳から35歳、性別国籍問わず。稽古、本番に参加できること。

【待遇】
規定の出演料あり。
チケットノルマなし。
チケットバックは1枚目からあり。

【稽古日程】
9月1日から昼稽古。シーンごとに時間決定。稽古時間は応相談。
10月上旬から終日稽古。
稽古場所 代田橋スタジオ(京王線代田橋駅から徒歩4分)

【ワークショップオーデション】
参加者の様々な可能性を理解した上での選考を行いたく、4日間の参加をお願いします。やむを得ず1日単位の参加となる方はその旨、お申し出ください。内容は呼吸と発声の基礎、身体表現、上演戯曲をテキストに使用した演技、歌となります。当日は動きやすい服装を用意して下さい。
詳細はお申し込み後にお伝えいたします。

【ワークショップ】 
*日程
6月23日(木)、24日(金)、25日(土)、26日(日)
23、24、25日 18時30分~21時30分
26日 13時〜18時
*会場 代田橋スタジオ(京王線代田橋駅から徒歩4分) 
*参加費 10,000円(1日2500円)

【受付期間】
2024年6月20日締め切り。
*定員に達し次第締め切ります。
【応募方法】
◇名前
◇写真2枚(バストアップと全身)
◇(あれば)所属
◇年齢・性別
◇身長体重:3サイズ
◇過去の出演歴
◇何か一言。書きたい事があれば自由に書いてください。
◇(あれば)HP・ブログ等のURL
◇連絡先(電話・メールアドレス)
以上を下記メールアドレスへ件名を【オーディション応募】としてお送りください。
劇団レクラム舎
℡ 03-3410-0606
Mail reclam@k3.dion.ne.jp 


【劇団レクラム舎とは】
1976年、作・小松幹生 演出・赤石武生による「雨のワンマンカー」によって旗揚げ公演を行う。以降現在まで活動を継続。小松幹生、別役実、清水邦夫、ちねんせいしん、安部公房、佃典彦等日本を代表する劇作家の作品と共に、チェーホフ、イヨネスコ、テネシーウイリアムズ、エドワードオルビー、アラバール等の作品を精力的に上演。
又、星新一、西部邁、松谷みよ子、太宰治、芥川龍之介等の作品を演劇化し、評価を得る。劇団内の作家、鈴木一功(旧、喜一朗)作品も1994年から上演。現代社会に生きる人間の心の問題を、演劇という表現を通して具現化し、広く、生活する人たちに向けて、問いかけ続ける。
公式サイト
http://reclam55.biz/wordpress/


【鈴木一功 SUZUKI IKKOU 】
作家・演出家・俳優

劇団レクラム舎主宰。
著作「日本の銭湯ガイド」「ファイティング40ママはチャンピオン」(新潮社)
東京新聞にて「私の東京物語」連載。戯曲「S町の物語」「Kの誘惑・蝶の夢」等多数。
1976年に仲間と劇団レクラム舎を結成。『雨のワンマンカー』『人類館』『幻に心もそぞろ狂おしの我れら将門』で主演。一人芝居『ボクサー』『タバコの害について』『動物園物語』等をストリップ小屋やボクシングジムなどで上演。西部邁原作『友情・ある半チョッパリとの45年』、さねとうあきら原作『べっかんこおに』を全国で公演中。テレビ、Vシネマにも多く出演し存在感を示している。
30代の頃、フリーランスの編集者として『平凡パンチ』に在籍。他に、劇作、ルポ、エッセイ等の作品を発表している。現在東京工芸大学にて身体表現科の非常勤講師を勤める。近年客演作品。劇団道学先生「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」シアタートップス)、オフイスコットーネ「母」(吉祥寺シアター)戯曲人類館を読む!(日本演出家協会)



【松坂 わかこ Matsuzaka Wakako 】
ワークショップ講師 俳優 劇団レクラム舎

桐朋学園演劇専攻科中退から、円演劇研究所へ。
卒業後、フリーを経て、劇団レクラム舎に参加。
劇団公演では主要な役を務める。一人芝居「23分間の奇跡」を定期的に上演。「今伝えたいこと(仮)」を企画・プロデュース。他ラジオドラマ『ファイティング40ママはチャンピオン』(NHK)等,
テレビラジオ多数出演。
2015年、短歌で世田谷文学賞を受賞。2018年、プロボクシングレフェリーライセンスを取得。今年度は、長野地区高校演劇コンクール審査員を務める。


丸尾 聡 MARUO SATOSHI
ワークショップ講師 作家・俳優・演出家

『INAMURA走れ』で第一回の日本劇作家協会新人戯曲賞最終候補。代表作に『飯綱おろし』『離宮のタルト 』『死刑執行人』(以上テアトロ掲載)。ラジオドラマシナリオ『残置物処理班 』でABU(アジア太平洋放送連合)ラジオドラマ部門最優秀賞。シナリオ『精霊の守り人』、『オリガ・モリソブナの反語法』など。NHK-FM青春アドベンチャーでこの3月から放送された『羽州ぼろ鳶組』シリーズは、足掛け7年、75回のロングランとなり、番組史上最多放送。俳優としての活動も多い。最近作は『ロッカールームに眠る僕の知らない戦争』(脚本・演出なるせゆうせい 草月ホール)
また、各地で演劇祭・戯曲シナリオコンクールの審査員、舞台関連企画のコーディネーター、ディレクターを務める。本年2024年は、第52回創作ラジオドラマ大賞(NHK)の最終審査員を担当。
応募資格
19歳から35歳、性別国籍問わず。稽古、本番に参加できること。
詳細
オーディションHPにアクセス ≫
http://reclam55.biz/wordpress/
情報登録日
2024年5月8日

オーディション主催者様へ

オーディション情報交換所に貴社のオーディション情報を掲載しませんか?
掲載は無料です。詳しくはこちらをご覧下さい。