芸能オーディション情報総合サイト■オーディション情報を毎日収集

無料掲載

オーディション情報交換所は、インターネット上で募集されているオーディションの情報と、その評判を収集しています。気になったオーディションは、主催者のサイトから個別に応募できます。

舞台・劇団

舞台・劇団オーディション

IDIOT SAVANT/ゴーリキー「どん底」オーディション

IDIOT SAVANT theater companyが舞台・劇団を募集するオーディションを開催しています。締め切り日は3月15日、SNS等での注目指数は6です。応募資格は『・舞台経験者 ・20~55 歳 ・心身ともに健康な方 ・みんなで仲良くお芝居をつくれる方 ・とにかく真面目にお芝居に取り組める方

IDIOT SAVANT/ゴーリキー「どん底」オーディション
主催者
IDIOT SAVANT theater company
注目度
締め切り日
2023年3月15日(あと46日)
オーディションHPイメージ

※このオーディションHPをスマホでアクセスした際のイメージです。最新の情報とは異なる場合があります。著作権はオーディション開催者に帰属します。

詳細
IDIOT SAVANT theater company #24「どん底」公演キャスト募集要項

世界にたったひとつの演劇を一緒につくりませんか。
12月の吉祥寺シアターでの公演を終え、イディオ・サヴァン シアターカンパニーは、次回作ゴーリキー『どん底』を2023 年 10 月に北千住 BUoY にて発表いたします。イディオ・サヴァンの従来の身体表現を取り入れた作品は封印して、今回はカンパニー初のストレートプレイとなります。

なによりカッコイイ舞台に立ちたいという方
思い切りそしてどっぷりと表現の世界に浸かりたい方
とにかく体を動かすのが好きな方
ただただ熱い想いとやる気に満ち溢れた方

ご興味をお持ちいただけた方、ご一緒にじっくりと作品づくりをしませんか?お会いしてお話できるのを楽しみにしています。願わくは新しい出会いが大きな風を吹かせてくれますように。ご応募お待ちしております。

■公演概要■
IDIOT SAVANT theater company #24「どん底」
・原作 マクシム・ゴーリキー
・脚本・総合演出 恒十絲
・公演日程 2023 年 10 月 19 日(木)~22 日(日) (※劇場入り 10 月 17 日(火))
・会場 北千住 BUoY
・稽古日程
2023 年 8 月 21 日~10 月 6 日→(月)~(金)の連日の夜間 18:00~22:00。
2023 年 10 月 9 日~10 月 15 日→(月)~(日)の連日の昼夜 13:00~22:00。(詳細は後日お知らせします)
・稽古場所 東京都内(新宿・杉並近辺)の稽古場にて。
・チケットノルマなし。参加費無料。
・チケットバックあり。
■募集要項■
応募資格
・舞台経験者
・20~55 歳
・心身ともに健康な方
・みんなで仲良くお芝居をつくれる方
・とにかく真面目にお芝居に取り組める方

■選考手順■
1 次審査:書類審査
2 次審査:実技・面接
■2 次審査日時■
[1]2023 年 3 月 1 日(水)、[2] 3 月 4 日(土)、[3] 3 月 8 日(水)、
[4] 3 月 11 日(土)、 [5] 3 月 15 日(水)、[6] 3 月 18 日(土) いずれも 18:30~21:30
場所:新宿区近辺にて。または場合によりオンラインにて行う可能性もあります。詳細は 1 次審査通過者の方にお知らせいたします。
■応募方法■
下記項目を明記の上、写真 1 枚(上半身のもの)を添付し、メールでお申し込み下さい。その後お会いしてお話しできればと思います。
■必須入力項目■ ※件名に「オーディション応募(氏名)」と明記してください。
1)お名前(ふりがな)、2)年齢、3)性別、4)身長、5)過去の経歴(簡単で結構です。所属先のある方はその旨も明記ください)、6)連絡先電話番号、7)メールアドレス、8)2 次審査ご希望の参加日、9)どこでこのオーディションを知ったか(サイト名など)、10)志望動機
■必須添付データ:上半身の写真 1 枚
■応募・問合せ(担当:アカオ) idiot.savant@nifty.com 080-6587-8803
ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。新しい出会いを心よりお待ちしております。
■応募締切■2023 年 3 月 15 日(水)

■IDIOT SAVANT theater company■
東京を拠点に活動。恒十絲(コウトウシの)硬質で叙情的な詩・テキスト/演出を基軸に、張りつめた作品空間をつくり、旧来のカテゴリにとらわれない固有の舞台芸術を展開。2003 年より劇団プルキニエ・フェノメノンの 3公演を経て、05 年現 IDIOT SAVANT theater company に改称。13 年『いのちづたひ』(タイニイアリス)では 12時間×5 回公演を敢行。15~20 年「現代劇作家シリーズ・フェスティバル(d-倉庫)」に参加、観客・演劇関係者ともに賛否両論を呼んだ。16 年 9 月パリにて『東北 TO-HO-KU-11 年の足音』公演。オーストラリア Belloo Creative、ニュージーランド Good Company Arts と「House in the Dunes-砂の家」を共同制作、2018 年オーストラリア公演を経て、20 年 2 月横浜・貞昌院にて YPAM フリンジ公演実施。21 年 7 月 Tokyo Tokyo FESTIVAL 採択事業では、あきる野・戸倉しろやまテラス・体育館にて Belloo Creative、Good Company Arts との共同制作『あきる野-AKIRUNO-』を発表。最新作は 2022 年 12 月吉祥寺シアターにおいてハイナー・ミュラー作『ハムレットマシーン』を発表 (恒十絲演出、LOGOTyPE プロデュース)。
これまで劇中映像撮影のため関東近郊はもとより、三重、鳥取、広島、高知、熊本、大分、宮崎、鹿児島などの西日本から、冬の青森・下北半島、東日本大震災の被災地岩手、宮城、福島まで、全国各地に足を運ぶ。今後も他分野への参加のほか、国内各地・海外公演を視野にパフォーマンスを行う予定。
https://idiot-savant-theater-company.tumblr.com
応募資格
・舞台経験者
・20~55 歳
・心身ともに健康な方
・みんなで仲良くお芝居をつくれる方
・とにかく真面目にお芝居に取り組める方
詳細
オーディションHPにアクセス ≫
http://idiot-savant-theater-company.tumblr.com
情報登録日
2023年1月23日

オーディション主催者様へ

オーディション情報交換所に貴社のオーディション情報を掲載しませんか?
掲載は無料です。詳しくはこちらをご覧下さい。